学会概要

 目的

本法人は、会員である医師等の大腸肛門病学における研究、教育及び診療の向上を図るとともに、これを介して国民の健康と福祉に寄与することを目的とする。

 沿革

昭和15年3月21日 大腸肛門病学の進歩発展をはかることを目的とし「日本直腸肛門病学会」が創立。
昭和41年9月25日 「日本大腸肛門病学会」に改称
昭和49年 会則変更にともない会長とは別に学会運営担当の理事長制となる。
昭和56年 理事選挙制度を採用
昭和62年6月 日本医学会加盟
平成元年 専門医認定制度発足
平成18年12月26日 「有限責任中間法人日本大腸肛門病学会」法人格取得
平成19年8月2日 「大腸肛門病専門医」の医業広告が可能になった。
平成21年11月5日 「一般社団法人日本大腸肛門病学会」法人格変更

 事業内容

  • 会員の研修発表・学術講演のための集会の開催 総会・教育セミナーなど
  • 学会誌および図書などの刊行 会誌年10冊発行
  • 専門医制度にかんする事業 専門医/指導医認定・認定施設認定
  • その他本会の目的を達するために必要な事業

© JSCP.2009 All Rights Reserved